男性がハプニングバーを楽しむ方法

単独男性は楽しめない

男性がハプニングバーを楽しみたいなら、やはりカップル客を目指したいところです。といっても、そもそもお互いに特殊な性癖を持ってない限り、自分の奥さんや彼女をハプニングバーに連れて行くのは抵抗があるかと思います。そこで、ハプニングバーへの同伴OKの風俗や出会い系サイトでパートナーを探すという手もあります。
出会い系サイトでは、ハプニングバーに興味を持っている女性もダンナや彼氏を誘うことは出来ないため出会い系サイトでも意外と簡単にパートナーが見つかったりします。

パートナー探しのコツ

パートナー探しに手間がかかりますが、パートナーが見つかったらカップル客として来店しましょう。まずは入店の際に、摘発を防ぐためか看板を出していないお店が非常に多く、初来店の際には迷うかもしれません。あらかじめお店に詳しい場所を聞いておくといいでしょう。また、入口が二重扉になっているお店もあり仰々しく感じるでしょう。
受付に行くと、たいていの店は会員制になっており、ここで身分証明書の提示を求められます。なおその場合、写真付きの証明書が必要となるケースもあるので、忘れずに用意しておきましょう。

入会金や入場料を払っていよいよ店内へ。店内はバーのスペースとプレイスペースにわかれており、場合によってはプレイスペースで何組かの男女が絡み合っている姿を見ることができるかもしれません。ハプニングバーに入ってしまえば性癖の塊のような場所です。見られると興奮するという性癖の人も多くいるのでじっくり見てあげるのもマナーです。

客同士のコミュニケーション

また、バースペースに気になる人がいたら話しかけてみるのもいいでしょう。女性もそのつもりで来ているのでエロ会話が一番盛り上がります。自分たちの性癖や興奮するのはどんな行為なのかを語り合ったりすることで打ち解けられます。

すぐにプレイスペースに移動してパートナーとコトをおっぱじめてしまう前にせっかくのハプニングバーを満喫しましょう。3Pや4P、スワッピングの相手を探したり単独女性客も自パートナー女性がいることで会話も弾みむので、3Pをするならパートナーの女性に口説いてもらえば相手の警戒心も薄れてプレイしてもらえる可能性も高くなるでしょう。
また、話をして気の合うカップル客がいたらスワッピングを提案したり、かわいそうな単独男性客に手を差し伸べて優越感に浸りながらプレイを楽しむのもありです。

ただし、いずれにしても無理強いは禁物です。ハプニングバーには、SM、露出、レズ、ゲイ、スワッピング、女装など、さまざまな性癖の持ち主が集まっています。自分と違う性癖のプレイを押し付けられても、不快感しかありません。お互いに気持ち良く遊びたいものですね。

コメントを残す